採用情報

先輩からのメッセージ

過去の失敗を活かして、どうすればミスが無くなるかを考えさらなる品質向上を目指したい

氏名 高野泰行 Yasuyuki Takano
入社 2006年入社
所属部署 愛知事業部
担当業務について コーティング加工処理した製品の測定、品質評価が主な仕事です。
具体的には、膜厚や製品の寸法が規格に合っているか、密着性や耐溶剤に問題はないかなどを確認します。他にも、品質を維持・向上させるための「事業部作業マニュアル」等の作成も私に任された重要な仕事です。

入社の理由

私は大学で化学を専攻していたため、その分野を活かせる会社に勤めたいと考えていました。そこに、大学へ東洋ドライルーブ株式会社の求人情報が来たのが、この会社を知ったきっかけです。参加した会社説明会でドライルーブ(固体被膜潤滑剤)というものを初めて知り、その多機能性に興味を持ちました。決して目立ちはしないけど、様々な分野で活躍するドライルーブ製品に魅力を感じ、今後ますます成長して行く会社だと思ったからです。
また、工場見学や採用試験を受けていくうちに、会社の雰囲気が自分に合っていると感じ、最終的に入社を決意しました。

学生の皆さんにメッセージ

就職活動は人生の中で数少ない機会です。業種に拘らず、いろんな会社を回って見てください。
そこで得た経験や情報は社会に出てからも役に立つと思います。
また、自分の場合、良く見せようとした面接は失敗することが多かったです。あまり飾り過ぎず、自然体で挑んだ方がうまくいくかもしれませんよ。

このページのトップへもどる

本当に楽しい!好きだと思える仕事に出会ってほしい・・・

氏名 松村一秀 Kazuhide Matsumura
入社 2006年入社
所属部署 研究開発室
担当業務について ドライルーブ(固体被膜潤滑剤)は様々な分野・場所で使用されており、その場所毎にお客さまの要望も様々です。
そんなお客さまの要望に応じた製品の開発・改良や、環境負荷物質を使わない製品の開発・改良などが主な仕事です。
研究室での仕事が主ですが、技術的な打ち合わせのため、各事業部やお客さままで出向くこともあります。

入社の理由

新卒募集のDMにあった「固体被膜潤滑剤」という今まで耳にしたことのない言葉に興味を持ち、会社説明会に参加しました。説明会、面接を重ねていくうちに、製品の面白さと先輩研究員の雰囲気から研究開発に誇りを持って楽しく仕事をしているということが少しずつ分かってきて、この会社にしようと決めました。
実際入ってみて、今まで学んできたことが100%ストレートに役立っているというわけではありません。
特に潤滑物質の配合や分散、コーティング加工処理など、初めて遭遇する業務ばかりですから…。
しかし、一聞くと十教えてくれる先輩方の知識の豊富さがとても面白く、毎日が新鮮です。

学生の皆さんにメッセージ

自分がこの会社に入って希望の部署に配属された時、どんな風に仕事をしているか?というのを想像してみるのは、どうでしょうか?
というのは、就職活動中の皆さんが工場見学にいらっしゃる時、皆さんを案内する立場になった私は「この人が入ったら、自分はどういう風に一緒に仕事ができるだろうか」ということを想像するようになったからです。
皆さんも考えてピンとくるようになったら、その後の採用試験がより楽しくなるんじゃないでしょうか。その為にはなんとなく試験に臨むよりも、その会社のことを徹底的に調べてみると、よりはっきり想像ができることと思います。
本当に楽しい!好きだ!と思える仕事に出会えるよう頑張ってください。

このページの先頭へ